脱毛器さん家庭用脱毛器のQ&A>脱毛する期間と時間は?

家庭用脱毛器での期間・回数・頻度、1回の脱毛時間を徹底紹介

まず脱毛期間や頻度に関しては毛周期を理解しなければいけませんので、
毛周期のページで基本的な知識を身に付けて下さい。
そちらにも脱毛期間を紹介しております。

このページでは毛周期について理解している前提でお話をしていきます。

脱毛期間についてまず理解しなければいけないのは、
個人差があり何処まで脱毛するかによって異なるということです。

例えば、剛毛で毛の量が多い方はその分ショット回数が必要になり時間がかかりますし、
脱毛効果も個人差があります。
もちろん、使う脱毛器によっても変わります。

また、全身脱毛する方と部分的な脱毛をする方とでも、当然脱毛期間は違います。
ですから、これからお話することはあくまでも目安としてとらえて下さい。
絶対というわけでありません。

どの部分を何処まで脱毛するかにもよって異なりますが、
全身脱毛を全て完了するための期間は1年くらいです。

えっ!そんなに、
と思った方もいるかもしれませんが、どの脱毛でもそのくらいはかかります。
例えば、高出力の医療レーザー脱毛でも、2ヶ月に1回くらい
最低でも5~6回以上は通わなければいけませんので、
1年~1年半くらいはかかります。

さらに脱毛サロンなら、出力の弱いフラッシュ脱毛器を使い
脱毛クリニックと同じくらいの頻度になるため3年~5年はかかります。

また、脱毛サロンはいつでも好きな時にいけるわけではなく、
予約が上手く取れなかったらさらに期間が延びるでしょう。

対して性能に良い家庭用脱毛器なら脱毛サロンと脱毛効果は変わらず、
脱毛頻度を増やせるので、脱毛期間が短くて済みます。

良く脱毛サロンの方が出力の高い脱毛器を使っていると言っているサイトが沢山ありますが、
それは脱毛サロンを良く見せるための宣伝文句が脱毛器の事を良く知らないだけです。
もしくは家電量販店で販売されているような安い脱毛器と比べてです。

性能の良い家庭用脱毛器を使えば大した差はありません。

1回のショット数や脱毛時間はどのくらい?

次に1回の脱毛時間・ショット数と部位別の内訳です。

全身脱毛のショット数

脱毛時間やショット数は使う脱毛器やどこまで脱毛するかによっても異なります。

上記の画像はケノンを使った場合の目安で約438ショットで約30分です。
ただしこのショットや時間は毎回変わりますし、VIOや背中などを入れれば
さらにショット数も必要で時間にすれば1時間は必要です。

何処まで脱毛するかによっても大きく変わりますが、
ケノンのような照射面積が広い脱毛器でも全身脱毛する場合、
30分~1時間は必要だと覚えておいて下さい。

因みに照射面積が狭い脱毛器を使うと、時間もショット数も必要なので、
全身脱毛したい人は必ず照射面積の広い脱毛器を使って下さい。

家庭用脱毛器の頻度は?

家庭用脱毛器は2週間に1回の頻度で脱毛をしていき、
毛の生える量が減ってきたら1ヵ月1回、2ヵ月に1回と脱毛回数を減らしていきます。

それを半年~1年くらい続ける事で毛が生えにくくなったり、毛がなくなったりしてきます。

出力の弱い家庭用脱毛器だと1週間に1度の頻度で使う事もありますが、
基本は2週間に1度です。

また、使用頻度は部位によって変えるのもおすすめです。
例えば、良く毛が生えるワキやVIOなどは2週間に1度で、
毛が生えにくい腕や太ももは1ヵ月に1度と言うように毛の生えて具合で脱毛頻度を調整していきます。

基本的な考え方は毛が良く生える部位の脱毛頻度を増やし、生えない部位は減らすことです。
それが効率よく脱毛するためのコツです、

脱毛頻度を増やし過ぎても間隔を開けすぎてもNG

脱毛頻度は増やし過ぎても間隔を開け過ぎてもいけません。

脱毛は毛がお肌の表面に出ている
毛周期の成長期の段階で脱毛しないと効果がないため、
脱毛頻度を増やし過ぎても脱毛効果がないだけではなく、
お肌にダメージを与えてしまいます。
特にケノンやトリアのような出力が高い脱毛器だと
余計にお肌へダメージが強くなります。

また、間隔を開けすぎても毛根にダメージを与えられず、
毛の成長を止められません。

いつから効果が出てくるのか?

無性毛 性毛
回数 2~5回 3~7回

性毛とは第二次性徴期から生えだしてくるVラインやヒゲなどで、
無性毛は足とか腕などの毛です。

一概には言えませんが、基本的に性毛の方が回数が必要になります。

どのくらいの回数で効果が出るのかは正直個人差があります。
絶対にこの回数とは言えません。

また、何をもって効果を感じるのかというのもあります。
例えば、毛が生えるのが遅くなったり、毛が薄くなったりする事か、
毛が抜けやすくなるという事も効果が出てきたと言えます。

上記はこのくらい回数を重ねると何かしらの効果を感じる可能性が高い回数です。

因みに管理人の場合、2回目の照射で毛がポロポロ落ちてくるようになりました。
もちろん2回の脱毛では毛が細くなったり、生える量がそこまで減ったわけではありませんが、
毛が抜け落ちた事で効果はあるのかと実感できた記憶があります。

ただし、低価格の性能が低い家庭用脱毛器だと出力低いため
回数を増やしても中々効果を感じないですし、
効果が出てもすぐに脱毛する前のように毛が生えてきます。
性能が良い家庭用脱毛器を使う事が前提です。

脱毛完了するまでの回数と脱毛期間

部位 回数 期間
ワキ 12回以上 6ヶ月
15回以上 8ヶ月
太もも 17回以上 9ヶ月
ふくらはぎ 19回以上 11ヶ月
VIO 24回 14ヵ月
背中 18回以上 11ヵ月

脱毛完了するまでの部位別の脱毛回数と脱毛期間です。

ただし、この回数と期間は、
個人差もありますし、何より使っている家庭用脱毛器によっても大きく異なります。
低価格の脱毛器だとこれ以上回数が必要になり、
そもそも脱毛を止めてしまうと脱毛する前の状態に戻ってしまいます。

しかし、高性能の家庭用脱毛器を使うと、
多少の誤差はあっても上記くらいの回数と期間で終わらせる可能性はあります。

とりあえずどの部位だとしても
最低12回~15回は必要になります。
2週間に1度のペースで脱毛していったら、6ヵ月~8ヵ月くらいでしょうか。

ただ、性毛や産毛が多い部位だと
そのくらい脱毛してもちょろちょろ毛が生えてくる可能性が高いので、
実際はそれ以上回数が必要になるケースが多いと思います。

しかし、ある程度使えば毛の生えが遅くなったり、
生える量が減ったりしてきますから、
脱毛回数を減らせるため手間がかかりません。

とにかく家庭用脱毛器は最低でも12回~15回は脱毛して下さい。
そうすれば目に見えて脱毛効果を感じると思います。

脱毛期間中に注意する点

脱毛期間中に注意する点は、「日焼け」と「過剰なムダ毛処理」です。
脱毛する前に準備する事とはでも少し触れました。

脱毛期間中に日焼けをしてしまうと、
脱毛する時に火傷してしまう可能性もありますし痛みも増します。
日差しが強い真夏は日焼け止めは欠かせません。

また、過剰なムダ毛処理もNGです。

具体的には、脱毛ワックス、除毛クリーム、毛抜きを使う事です。
それらの除毛グッズを使いムダ毛処理をすると毛周期が乱れ、脱毛効果がなくなり
結果的に脱毛する期間が長くなります。

脱毛期間中のムダ毛処理は、脱毛当日か前日にカミソリや電気シェーバーでお肌の表面に出ている毛を軽く剃る程度です。
それ以上の事もそれ以下の事もしていけません。

とにかくお肌に負担を与える行為や過剰なムダ毛処理を避ければ、
特に気にせず日常生活を送っても問題ありません。

脱毛器TOPへ

次のページ脱毛する前に準備する事とは

このページを読んだ方は以下のページも読んでいます。

ケノン 第1位 ケノン
現在発売されている中では
最強の脱毛器
センスエピ 第2位ドクターエルミスゼロ
短時間で全身脱毛
トリア 第3位 トリア
剛毛で悩んでいる方に
おすすめのレーザー脱毛器